BLOG

四万十での暮らしや 日々のことを綴っています。

旅の続き

旅の続き

Daily

なんて言葉に表現したらいいのか分からず、
文章を打っては消しての繰り返し。

この3行書くまでどのくらい時間がかかったんだろってくらい 




順序良く書こうとしてるから、
たぶん書けないんじゃないかな~ 笑

440.jpg

いきなり最終日に飛んでしまうんですが、
自分の中でおさまった感覚、おおきな気付きは
最後の日、朝10分間のマッサージワークでした。




晴れてたから外に出て、1枚のシーツをひいて
服をきたままのマッサージワーク。



ヴィッキーは、「恋人同士にとてもいいよ」って言ってた



まず横に寝てる人のお腹に触れた、
相手の呼吸を感じ、
相手もきっと私を感じている
そんな感覚になったとき、繋がった感じがした




そこから
あたま、うで、足、背中、
身体の関節、相手の体重をうまく使って上向きへ、
太陽がまぶしそう!!



サンブラスを付けてあげたら、笑ってた 


なんかウキウキしてきた!!
楽しくて仕方がない感覚










ゆっくり
ゆっくり





お腹を大地につけてあげる
いつでもできるとっても簡単な事だけど、
すごく意味のあること。



たった10分だったけど、

この10分で、
私はエサレンマッサージとは、とてもシンプルなんだと学んできたことが、まとまりました。





きっと、マッサージだけではなく
いろんなことに対して、すべてはとてもシンプルだということ。




きっと、エサレンという場所で学んだから、こんな気持ちになれたんだと私は思う

320.jpg

今回参加したのは、アドバンスクラス
色んな国から集まったクラスメイトと共に学びました。

講師は
ヴィッキーとペギー

469.jpg

DSCN0465.jpg






エサレンマッサージには
手順がない




その人に合わせて
今必要なことを手技にして寄り添いながら
一緒に表現していく。




平面ではない人の身体を
立体的に。





ヴィッキーとペギーは、決して早くなくゆっくりと確実に

教えてくれる。





だから私も付いて行けた。

340.jpg

波がたってない凪の様な時間が、
ゆっくりながれていたハワイ島の時とはまた違って
エサレンでは打ちよせる波の様な時間。



波の音を聞きながらだったのもあるんだけど、
ファンタジックで、どこかエキサイティングで、
うきうき、わくわくな毎日



静の部分と動の部分がバランスよく合わさってる

DSCN0468.jpg






411.jpg


454.jpg


エサレンのライセンスは私の中で一つの夢

取るまでのこの過程に
私は、とっても大切な事をエサレンから学んでいます。

mahalo nui loa